自分に合った化粧品はネットで購入する時代

女性の横顔

安くてもたっぷり使える

基礎化粧品

保湿化粧水はコットンを使ってパックの様に肌に塗布していきましょう。この時に使うコットンは少し大きめで裂きやすい物を使用しましょう。保湿化粧水をたっぷりと含ませてから肌にのせていきましょう。2分から3分程肌にのせた後は、そのコットンを使って肌をパッティングしていきましょう。手の平を少し丸めて肌を包み込む様にパッティングすると、肌に保湿化粧水が浸透していきます。手の平に肌が吸着してくる様になればパッティングは終了です。コットンが肌に残っていないかチェックしてから乳液やクリームをつけて保湿を行なえば潤いを維持できます。

手を使って化粧水を塗布する際はまず、清潔な状態で行なうことが大事です。しっかりと手を洗い、それから化粧水を使い始めましょう。手の平に適量とり、少し温めてから肌に塗布すると肌に浸透しやすくなります。手の平を使って化粧水の塗布を行なう時は、一度で一気行なおうとせずに二度三度と分けてから行なうとより化粧水が肌の奥に浸透していきます。保湿を意識する上で何よりも重要なのが、充分な水分補給になってきます。その為化粧水はたっぷりと使う様にしましょう。美容成分が豊富に配合されている商品でも、たっぷりと使えないのであれば保湿の効果を得ることができません。安くてもたっぷりと使えることで肌へ充分な保湿が行なえます。まずはスーパーやドラッグストアで販売されている保湿化粧水を使って、たっぷりと水分を肌に浸透させてみましょう。